売電事業に投資する【太陽光発電で節税しながら稼ぐ】

太陽光発電で稼ぐにはどうしたら良いのかについて記しています

太陽光発電を設置しよう

最近では、太陽光発電で節税しながら収入を得る投資が注目を集めています。

2012年7月から固定価格買い取り制度が適用されるようになり、さらには10kW以上の発電量を持つ設備は、全量買い取り制度もあるため、新たな投資として太陽光発電を設置する法人や個人が増えています。

10kW以上の発電量を持つ設備は、主に産業用とされていますが、それを住宅に設置するケースも珍しくありません。

太陽光発電設備を設置するには、高額な初期費用がかかりますが、そのあとは20年間にかけて国が発電した電力を固定価格で買い取ってくれますので、将来の資金に不安を感じたり、安定した老後を暮らせるようにと、設備を設置するサラリーマンも多いようです。

買取価格が下がってる?



また、発電量の買い取り価格は、制度の施行から年々下降傾向にあり、設備を設置するなら早い方が良いとされています。

土地や屋根の面積でも発電量は大きく変わってきますので、設置を検討の際は、業者の人とよく相談して検討するようにしましょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 売買事業で太陽光発電を扱うときのメリット、デメリットなどについて記しています。 

PAGE TOP